桃の節句
2020.2.29  矢野

我が家では、妻と娘の誕生日が過ぎると雛人形を飾りだします。

娘が通う保育園には、七段もある雛人形が飾られていますが、

たくさんあるとそれなりの値段もかかるし、出し入れや保管が大変なので、

気軽に飾れるコンパクトな親王飾りのものを選び、飾っています。

 

飾る時に息子が必ずやるのは、殿雛の腰にある刀のチャンバラごっこ!

まだなんとか大丈夫ですが、小さなものなのですぐ壊れそう……

ヒヤヒヤしながら大事に飾ります。

 

一方、端午の節句に飾る息子のものは、

私が生まれたときに祖父に買ってもらった兜と刀です。

おさがりでちょっとかわいそうな気もしますが、

将来生まれてくる(か?)孫に買ってあげようかと。

(これはちょっと言い訳。。。)

 

ちなみにこのときにもチャンバラごっこは始まるのですが、

こちらの刀はすでに曲がっています…

えっっ、なぜって??

だって私がチャンバラごっこで曲げたから!!