海をあげる
2021.3.30  萩原

2020年は外出が減り、蔵書が増えました…
コツコツ消化中の積読。
今月はとても良かったエッセイ集を紹介します。

 

上間陽子著
『海をあげる』(筑摩書房|2020年10月発行)

 

寄り添うように優しく、生命感あふれ、

静かな怒りがあります。受け取った海を誰かに渡したい。

 


サイン入り!

 


前作の『裸足で逃げる』(太田出版|2017年2月発行)
こちらはノンフィクション
気軽にお勧めできる内容ではないのですが…
多くに人に読んでほしいです。