辺境料理を求めて〈モダン・ネパール編〉
2021.3.1  黒田

こんにちは!

スタッフの黒田です。

 

今!! 話題沸騰中!!(マニアック料理好きの間で)の

モダン・ネパール料理を食べに行って来ました。

 

ネパール料理には、カレーがあって、発酵野菜が使われているせいか

日本人の味覚にも馴染みやすく、リーズナブルに新大久保などで食べられる。。。

というイメージだったのですが

なんと、最近はモダン・ネパールと称する高級ネパール料理が流行っているとか。

 

豪徳寺の「オールド・ネパール」というレストランで食べられます。

ディナーは、コースのみ。。。ネパール料理でコースだなんて、驚きです。

 

 

↑ メニューです。水牛のカレーという珍しいものもあります!

 

 

器もお洒落で、美しい。。。お味も美味しいです!

(でも、なんだかよくわからない)

 

 

やはり、なんだかよくわからないですが、お花が散っていて美味しいサラダのようなもの。。。

ネパールにはネパール山椒というスパイスがあるらしく、それがよく効いています。

 

 

カレーがたくさん出てきました。

滋味深い、癖になりそうな味です。

 

 

そして、デザートが。。。↓

やっぱり、なんだか見たことも聞いたこともない!

 

 

一つ一つ、とても丁寧に作られているのがわかりました。

お店のインテリアもとっても洗練されていて

今までのエスニック料理のイメージを

良い意味で壊してくれるお店でした。

 

次回はランチに行ってみようと思います。