W.ヘルツォーク
2020.4.3  古屋

最初に入った会社の先輩方に勧めていただいて以来、
一番好きな映画といってもいいくらいの作品
「アギーレ・神の怒り」(1972年)
監督はヴェルナー・ヘルツォーク(ドイツ人)

そのblue-ray anthology(1970−1999)がアメリカで出ています。

 

13枚組。16作品。

 

カラーブック形式の装丁にディスクが収められています。

 

アギーレ・神の怒り(1972)


エルドラドを探し、密林を彷徨い、破滅していく16世紀スペイン軍…。

 

カスパー・ハウザーの謎(1974)


主役に素人を起用(精神病施設への入院履歴あり)

 

フィッツカラルド(1982)


アマゾン奥地にオペラハウスを作る夢を持つ男。農園開拓のために船を●越えさせる..。

 

上記の題材や、吸血鬼、小人、また自然と人間の関わりなどを
フィクションとノンフィクションを重ね合わせたような
常識では考えられない映像を見せてくれます。

 

 

なんと監督のコメンタリーがついている!

日本語字幕はないのでわかりません…。(泣)

 

原語はもちろんドイツ語ですが
英語字幕を出して、いつの日かゆっくり理解したいです…。

 

多数の作品で狂気すれすれの演技で主役をはっているのは
クラウス・キンスキ。
ナスターシャ・キンスキのお父さんです。

 

音楽担当はポポル・ヴー(ドイツのバンド、マヤの神話から命名)
ヘルツォーク作品を集めたBOX

 

氷上旅日記―ミュンヘン‐パリを歩いて(白水社)

ヘルツォークが重病の友人の見舞いに願をかけ、
ミュンヘンからパリへ向かう旅をつづった日記。

 

ヘルツォーク監督、最近、
STAR WARS「マンダロリアン」に役者として出てるようです。
見たい…。